株式会社だいもん
〒375-0002
群馬県藤岡市立石605-7
TEL.0274-42-6649
FAX.0274-50-6456
墓地・霊園しんせつ案内
墓石まごころ設計・施工
仏壇・仏具販売
水子供養品販売

水子供養の仕方

水子供養
水子とは、流産・死産・中絶などにより亡くなられた胎児のことをいいます。
大切でかわいい我が子の命を失う悲しみははかりしれません。
この世に生まれ、親の腕に抱かれることのなかったかわいそうな命のために、再び生まれ変われるようしっかり水子供養してあげることは大切なことです。そしてしっかり供養していくことが、我が子を失い、大きな心の傷を負った親の心を救うことにもなります。

水子供養の仕方について

水子供養の仕方は何通りかありますが、大きく分けると以下のようになります。
 
・寺院などでの供養を行う。
・自宅にて自分で供養を行う。
・インターネットで供養を行う。
 
どの方法でも大事なのは、供養する心です。
水子供養は、一度供養すれば終わりというわけではなく、毎日、もしくはふとした時や、ふいに思い出した時、いつでもその水子の幸せを祈ることが大切です。その際、後ろ向きな気持ちではなく、前向きな気持ちで「自分は大丈夫だから心配しなくていいよ」と伝えることが大事です。
水子にははっきり声にだして話し掛けることが大事だと言われています。
お供え物も子どもが好きそうなお菓子やお花が良いとされています。
 
大人のようにお葬式や、四十九日などの行事を行う必要はありません。お葬式などは、亡くなった方の魂を極楽浄土(天国)へ導くためのものです。大人の魂は様々な煩悩により汚れており、またこの世への未練などから天国へ行きづらくなっています。よって、お葬式などを行い、天国へ無事辿りつけるよう、みんなでお祈りするのです。
 
水子の魂は大人の魂のように煩悩で汚れていないため、そのような儀式はしなくとも天国へ行けます。
水子供養とは、どれだけ大事で愛していたかの想いを水子に伝える供養になります。
ずっと忘れずに、前向きな心で水子の幸せを祈ることが大切です。
弊社では、水子供養のための用品を取り扱っております。
子どもの守り神とされている「お地蔵さま」は、ご自宅に置くことのできる小さなサイズからございますし、いつまでも忘れないための供養用品「位牌」、人に知られず供養したいという方におすすめの「だいもん球」などもございます。ぜひご利用ください。