本文へ移動

水子供養のマナー

水子供養は、寺院とご自宅で行う方法に分かれます。どちらの方法を選択するにしろ、水子の幸せを願って供養することが大切です。しかし、初めての水子供養となると、何から行えば良いか分からず、悩む方もいらっしゃると思います。こちらでは、寺院で水子供養を行う際のマナーについてご紹介します。

持参するもの

水子供養では、持参するものに決まりはありませんが、お菓子・おもちゃ・果物などのお供え物を持参する方が多く、中には我が子のことを思い、手紙を書く方もいます。その際、お供え物に花を持っていく場合は、トゲや毒がないものを選びましょう。また、エコー写真や母子手帳のお焚き上げをご希望のお客様は、忘れずにお持ちください。その他、お布施や数珠をお持ちになる方もいらっしゃいます。

服装について

水子供養では、ご先祖様のお葬式や法事のように大勢の方が出入りする式ではないので、服装に関して特別な決まりはございません。しかし、水子供養も大切な我が子への儀式です。普段着の服装とはいえ、ジャージやジーパン、派手で露出の多い服装は控えてください。女性であれば、落ち着いた色合いの服装やスーツで、控えめな印象に仕上げることをおすすめします。また、派手な化粧や大きなアクセサリーも、水子供養の場では不向きなので注意してください。一方、男性は、控えめなデザインのシャツやスラックス、チノパンなどの服装がおすすめです。足元の靴は、見落としがちな部分なので、汚れていないか事前に確認しておきましょう。
 
水子供養を行う際は、我が子への愛情をたっぷり注いで供養することが大切です。「妊娠中毒により母胎の安全が確保できない事情で中絶を選択した」「愛する我が子を流産してしまった」どんな理由にしろ、お腹の中に命が宿っていたのは事実です。大切な子供が、安らかな気持ちで天国へ行けることを願って水子供養をしましょう。
弊社では、水子関連グッズを通販にて販売しております。ご家族や友人、身内に知られることなく、水子供養を行いたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。
株式会社だいもん
〒375-0002
群馬県藤岡市立石605-7
TEL.0274-42-6649
FAX.0274-50-6456
墓地・霊園しんせつ案内
墓石まごころ設計・施工
仏壇・仏具販売
水子供養品販売
TOPへ戻る