本文へ移動

水子供養の歴史

かつては生まれてすぐに亡くなった赤子を指していましたが、現在は流産や中絶、死産した胎児を一般的に水子と呼ぶようになりました。仏教では水子を「すいじ」と読み、戒名の下に付ける位号の一つです。水子にはいくつか由来があり、間引きした赤子を川に流した昔の風習から、または親を見ることができなかった「見ず子」からとも言われています。

水子供養がなかった理由

日本では元々、死者を浄土に送るための仏教式の葬儀は行われていませんでした。これは「7歳までは神のうち」でも知られるように、7歳まではまだ命がこの世に定着していないという考え方があったためです。もう一度生まれ変わって1人前の人間になって欲しいとの意味合いから、葬儀は行わなかったようです。

水子供養の始まり

しかし、小さな命を自らの体内で実感した母親にとって、子供を亡くした苦悩は計り知れません。そんな我が子を亡くした親の苦しみを救済しようと、江戸時代に浄土宗の祐天上人が水子に法名を授け、供養したのが水子供養の始まりとされています。
 

現在の水子供養

現在では多くの寺院で水子供養が行われていますが、実際のところ歴史は新しいです。戦後、日本では人工妊娠中絶を行う女性が増加するようになります。1970年代には水子供養ブームの仕掛け人と言われる紫雲山地蔵寺の初代住職、橋本徹馬氏が水子供養と一緒に「水子の祟り」という考え方も広めたことで、全国で一般化するようになったのです。

水子供養の本当の意味

堕胎に対する後悔や申し訳なさ、後ろめたさを抱える親にとって、水子の祟りは思い当たる節があったようです。しかし、仏教の教えでは水子の祟りという考え方はなく、命の尊さを知り前向きに生きることを目的に供養することと説いています。供養の理由が水子の祟りを恐れてでは、供養される子供も浮かばれません。懺悔や幸せになって欲しいという願いを込めて供養を行うことが何よりも大切なのです。
弊社では自分自身で行う水子供養の関連グッズをご用意しております。手のひらサイズの水子地蔵や水子位牌などがございます。ご自宅での水子供養にぜひご利用ください。
株式会社だいもん
〒375-0002
群馬県藤岡市立石605-7
TEL.0274-42-6649
FAX.0274-50-6456
墓地・霊園しんせつ案内
墓石まごころ設計・施工
仏壇・仏具販売
水子供養品販売
TOPへ戻る